即効で血糖値を下げる方法

水分補給でドロドロ血を即サラサラに!

人間は血管と共に老いますが、加齢とともに血管や内臓、髪、爪、あらゆる細胞組織も老化します。
特に血管壁は、無謀な生活習慣を繰り返したことで悲鳴を上げているでしょう。

 

血液も同様です。

 

注意点

ネバネバ状態の血液をサラサラにする方法は、水を飲むことです。
血管壁についたコレステロールなどの老廃物を付くことを防ぐことができます。これが一番即効性があり手軽です。

 

血管が老いるということは、脳梗塞や糖尿病、心筋梗塞へのリスクが高まるということ。血管の若さを維持することで、それらの疾病を予防することが可能になります。

 

肌、骨などの老化を水を飲むことで遅らせることが可能になると言ってもぴんとこないかもしれませんね。

 

要は、身体全体のシステムを水が活性化してくれるようなモノです。

 

水はノンカロリーですから太る心配もありません。

 

腎臓が悪い人はむくみやすいので制限が必要ですが、健康な人は水を大量に飲んでも過剰分は尿として排出されるので心配要りません。

 

水を飲むタイミングはいつがいいのか

本来、のどが乾いたら水を飲むと思いますが、実はそれでは遅いのです。

 

その時はすでに、体内の水分量の1%が喪失した状態になっています。
つまり、血液粘土も高まっているので、脱水状態の一歩手前ということです。

 

特に、夏場は気をつけたいところ。

 

水分の排出は尿からだけではなく、皮膚や呼吸からも出ていきます。
汗で500ミリリットル以上、呼気で400ミリリットル程度が体内から排出されるので、1.2リットル以上の水分補給は常にいると言うことになります。

 

なので、喉が渇く前に水を飲むのが、正しい水を飲んタイミングと言えますね。
あと、食べ物にも気をつけてください。血糖値を下げる食べ物