即効で血糖値を下げる方法

水分補給でドロドロ血を即サラサラに!

つい食べ過ぎてしまい、血糖値が上がった・・・即効で血糖値を下げるには、運動が一番です。手軽で確実な方法と言えます。

 

しかし、そもそも食事の摂り方がマズいわけですから、食材を含め「食」を見直す必要もあります。

 

ここでは、血糖値を下げる方法として、意識的に取り組んでいきたい「水」について解説していきます。

 

人間は血管と共に老いますが、加齢とともに血管や内臓、髪、爪、あらゆる細胞組織も老化します。特に血管壁は、無謀な生活習慣を繰り返したことで悲鳴を上げているでしょう。

 

血液も同様です。

 

注意点

ネバネバ状態の血液をサラサラにする方法は、水を飲むことです。

 

血管壁についたコレステロールなどの老廃物を付くことを防ぐことができます。これが一番即効性があり手軽です。

 

血管が老いるということは、脳梗塞や糖尿病、心筋梗塞へのリスクが高まるということ。血管の若さを維持することで、それらの疾病を予防することが可能になります。

 

肌、骨などの老化を水を飲むことで遅らせることが可能になると言ってもぴんとこないかもしれませんね。

 

要は、身体全体のシステムを水が活性化してくれるようなモノです。

 

水はノンカロリーですから太る心配もありませんからね。

 

腎臓が悪い人はむくみやすいので制限が必要ですが、健康な人は水を大量に飲んでも過剰分は尿として排出されるので心配要りません。

 

水を飲むタイミングはいつがいいのか

本来、のどが乾いたら水を飲むと思いますが、しかし、実はこれでは遅いのです。

 

その時はすでに、体内の水分量の1%が喪失した状態になっています。つまり、血液粘土も高まっているので、脱水状態の一歩手前ということです。

 

特に、夏場は気をつけたいところ。

 

水分の排出は尿からだけではなく、皮膚や呼吸からも出ていきます。汗で500ミリリットル以上、呼気で400ミリリットル程度が体内から排出されるので、1.2リットル以上の水分補給は常にいると言うことになります。

 

なので、喉が渇く前に水を飲むのが、正しい水を飲んタイミングと言えますね。あと、食べ物にも気をつけてください。血糖値を下げる食べ物

 

こまめに水分補給をする

水分を一番吸収しやすいのは食前の30分前です。ですので、食後の血糖値を抑える目的であれば、食前30分前に水分を摂りましょう。

 

あと、気をつけて欲しいのが温度です。夏の暑い時期なら冷たいお水で水分補給をしたくなるものですが、ここはぐっとこらえて常温=人肌くらいの温度で摂るようにしてください。

 

夏場だと生ぬるい水なんて飲めたモノではないですが、熱中症予防や値を下げるには適した温度です。

 

血糖値に有効な水

血糖値を下げる水

 

冒頭で水がネバネバ血を改善することをお伝えしましたが、では水だったらどのような水でも良いのか?・・・結論から言うと、飲料水であれば何でも良いと思います。身体の血液を薄めるのが役目ですから、飲める水なら有効です。

 

ですが、どうせなら糖尿病や、高血圧にも有効な水が良いと思いませんか?

 

そんな魔法のような水があります。それが「バナジウム水」です。

 

バナジウム水とは、パナジウムが含有されている水のことですが、このパナジウムはインスリンに似た働きをします

 

富士山のわき水にパナジウムが多く含まれているのは有名です。商品化もされていますよね。

 

では、どのような効果があるのかと言いますと、

  • 血糖値を下げる
  • 血圧を改善
  • ダイエット
  • デットクス

などなど、様々な効果があると言われています。

 

カルシウム、マグネシウムが豊富に含まれたミネラル成分のひとつと言うことで人気のある水です。

 

ただ、副作用もあります。

 

例えば、血糖降下薬、血圧降圧薬を服薬している人は、過剰に飲むことは控えてください。必要以上に低下させてしまうリスクがあります。

 

毒性が強い、危険な水などと、やたらと煽っているサイトもありますが、でもよーく考えてみてください。

 

血糖降下薬や血圧降圧剤には毒性はありませんか?

 

薬自体が「毒をもって毒を制す」のです。だからこそ、有効なのです。少々乱暴ではありますが、パナジウムも同様な事が言えると思います。

 

薬ではない自然な水が有効なのですから、危険な水と避けるのもどうなんだろうと思います。

 

過剰な摂取に気をつければ、リスクより効果の方が高いのではと思っております。

 

では、その気になる過剰な摂取量ですが、1日に1.8mg〜2mg程度だと言われています。ボトルで計算すると、1日/20〜30リットルです。

 

食事からもパナジウムは摂れるので、それを考慮しても日常的に摂る量で過剰摂取になることは、まずありません。仮に500mlや1リットルの水を飲んだとしても、問題ありません。

 

とは言え、小さいお子さんにミネラルウォーターとして日常的に与えるのはおすすめしませんし、お腹のゆるい体質の人も止めておいた方が無難でしょう。

 

パナジウム水が、血糖値を下げる働きがあると覚えておいても損はしませんので、頭の片隅にでも置いていただければと思います。

 

しかし、昨今まともな水は飲めないですよね。放射線物質も恐いですし、今では水はタダでは飲めない時代です。自然な水が一番なのは言うまでもありませんが、以前こんな事がありました。

 

血糖値を下げる体験談

普段飲むお茶は、市販のペットボトル茶は使用せず湧かしています。その作ったお茶が、2、3日ほどで腐ったのです。

 

もちろん、冷蔵庫に入れていますし、塩素を除きたいと、沸騰してからさらに数分湧かしているのはいつものことです。

 

なので、塩素を取り除きすぎたというわけではありません。

 

一番怪しいと思っているのが、その時お茶っ葉を市販で売られているモノから、自然なお茶っ葉に変えたという点。

 

味も良く、成分も多いので気に入って飲んでいたのですが、お茶が腐るという事件に遭遇してしまったのです。

 

これから何がわかるかと言いますと、普段よく飲まれている市販の麦茶パックなどにも相当な防腐剤が入っているということです。

 

もし、このパックでお茶を作り、冷蔵庫に入れて1週間経ったとしても腐ることはないと思います。実際、今までも1週間はいかないとしても、3日くらいは普通に残っていましたから。

 

なので、水を気にする人は多いと思うのですが、お茶っ葉に気を遣う人は少ないと思うので、ご報告させていただきました^^

 

ちなみに、血糖値を下げるお茶もあります。

 

血糖値を下げるのにおすすめサプリ

白井田七

白井田七

  • 完全無農薬・有機栽培の100%オーガニックサプリ
  • めぐり成分でさらさら
  • 返金保証付き

 

価格 3,980円+税(定期コース)送料無料
内容量 120粒(1ヶ月分)
サポニン含有量 4粒:サポニン95mg

 

田七人参はこちら

 

 

nu 有機 田七人参

nu 有機 田七人参

  • 漢方専門店が作った田七人参サプリ
  • 無添加・GMP認定取得工場で製造
  • 40党の田七人参のみを選別

 

価格 2,980円(税込)(定期コース)送料無料
内容量 120粒(1ヶ月分)
サポニン含有量 4粒:サポニン125mg

 

 

有機 田七人参はこちら

 

 

田七人参ランキングの条件