血糖値とは

意外と知っているようで知らない血糖値に迫る!

血糖値という言葉をきいて何をイメージしますか?血糖値という言葉はきいたことあると思いますが、意外と詳しい事はよく知らない人が多いと思います。

 

今回は血糖値について解説していきます。

 

血糖値とは?

血液の中にある糖の多さを表します。

 

血液に含まれている糖が多いと血糖が高くなります。糖が少ないと血糖値が低くなります。症状をほったらかしにすると体全体に症状が出やすくなります!

 

血糖値が高いと病気にかかりやすい?

血糖が高いと糖尿病、動脈硬化、高血糖にかかりやすくなります!

 

糖尿病は、インスリンが働いていないので、ブドウ糖が使われにくくなり、血糖が高くなることです。

 

糖尿病の4種類とは?
1型糖尿病

体の中にあるすい臓の細胞が壊れてインスリンが作れなくなります。こども、若い人に多いです。

 

2型糖尿病

インスリンが少なくなったり、働きか悪くなります。中高年に多い症状だが、最近は若い人もなる可能性があります。

 

特定の原因による糖尿病

遺伝子の異常で糖尿病になる人もいます。

 

妊娠糖尿病

妊娠中にかかる糖尿病です。妊娠中は、少しの血糖でも赤ちゃんに影響があるので注意したいですね。

 

血糖値が高くなるのはなぜ?

血糖値ケーキ

  • ご飯、パンを毎日食べる。
  • カロリーが高い食べ物を毎日食べる。
  • 一日3食の食事の時間がバラバラです。
  • 食事でお腹が満腹になるまで食べる。

 

血糖値パン

パン、ご飯、甘いお菓子、カロリーの高い食べ物のとりすぎで、 血糖値が上がってしまう事が多いです。

 

ご飯が食べる時間がバラバラで、不規則な生活をしているとインスリンが正常に分泌されなくなると、血糖値が下がりにくくなります。

 

一回の食事で満腹になるまで食べるのは体によくありません血糖が短い時間でも急に上がってしまい異常にインスリンが出てしまいます。

 

糖尿病の病気になる確率が高くなり、太っている人も血糖が高くなるので気をつけましょう!!運動不足、ストレスが原因で血糖が上がる事があります。

 

血糖値を改善する方法は?

有酸素運動をする。

血糖を下げるために効果があるのはエクササイズです。ご飯を食べた後に、走ったり室内用の自転車で有酸素運動をすることで血液の中にある糖をもやし、食事で上がった血糖を下げる効果があります。

 

野菜から先に食べましょう!

最初に野菜を食べることで、血糖を上げるのを抑えてくれる効果があります。お米、パスタなどの炭水化物を一番最初に食べてしまうと、血糖値が上がってしまいます。野菜を食べると血糖値が急に上がる心配はいりません。

 

血糖値を下げる食べ物は?

 

血糖値下げる食べ物

 

血糖を下げる食べ物は玉ねぎです。生で食べると効果があります。玉ねぎは野菜の中で糖質があるので、食べ過ぎないように注意しょう!

 

キノコには、血糖を下げるホルモンがあります。

 

アボガドはフルーツの中で糖質が少なく、血糖値が上がる事がない食べ物です。血糖値が少し気になる人、健康的にやせたい人におすすめ食材です。

 

ブロッコリーは、クロムがたくさん入っています。クロムは、インスリンの働きを活発にしてくれるので、血糖を下げる働きを手助けしてくれます。葉酸があるので、体の中の血液をサラサラにする働きがあります。

 

納豆は、体の細胞を正常に保つ働きをしてくれる効果があります。サポニンは、血糖値を下げる効果があります。免疫力を上げてくれたり、色々な効果が期待できます。

 

豆腐は、イソフラボンが血糖を下げる働きをしてくれます。

 

オクラは、血糖値を下げる働きがあります。オクラの成分には、ペクチンがあります。 ペクチンは、腸の分泌に働きかけてくれます。便秘解消になります。

 

こんにゃくは、食物繊維がたくさんあるので、糖の吸収を穏やかにしてくれる働きがあり、血糖値を下げます。こんにゃくは、カロリーが少ないので、ご飯の変わりに食べる事で腸をきれいにしてくれます。

 

キャベツは、食物繊維があり血糖が上がりにくくしてくれます。

 

青魚といえばサバです。青魚には、善玉コレステロールで血液をサラサラにする効果、血糖を下げる働きがあるので、食事に取り入れましょう。血糖値を下げる食べ物