糖尿病!3大合併症

糖尿病における3大合併症とは

糖尿病は血糖値が高い状態が長く続いて下がらなくなる病気ですが、多くの合併症を引き起こすことが知られています。中でも症例が多く注意が必要な「糖尿病性神経障害」「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」の3つを3大合併症と呼んでいます。

 

これらは失明や下肢切断のほか、命に係わるものもある怖いものです。

 

糖尿病の初期は自覚症状が無いので注意を怠りがちですが、糖尿病の怖さは合併症にあると言っても過言ではありません。糖尿病との診断を受けた後は血糖値のコントロールがとても大切になります。

 

3大合併症それぞれの症状

糖尿病性神経障害

3大合併症の中でも初期に出るものです。
症状としては手足の感覚が鈍くなる、じんじんする、痛むなど感覚神経に表れるという特徴があります。

 

鈍くなった場合は怪我や火傷に気付かなくなるため、その痕が悪化してしまい、壊疽を起こし、最悪の場合は切断に至ることもあります。その他、立ちくらみ、下痢、便秘、排尿困難、勃起障害、無痛性心筋梗塞など招く危険があります。

 

そして、糖尿病患者に認知症が多く発症すると言うことはご存じでしょうか。
認知症は大きく分けて、アルツハイマー型と脳血管型に分類できますが、糖尿を煩っている患者とそうでない高齢者を比べると発症率は2倍になると言われています。

 

以前、福祉施設で相談員をして色んな方を見てきていますが、糖尿病から発症する認知症の患者さんとアルコールから至る患者さんが多くいらっしゃいました。

 

このように、糖尿病性神経障害は感覚神経だけに表れるわけではなく脳にも及ぶと言うことを忘れてはいけません。

 

糖尿病性網膜症

ヒトが物を見る時、映像が投影されるのが眼球の内壁にある網膜です。
高血糖により網膜への酸素や栄養が不足すると網膜症となります。

 

視神経は網膜から始まっているので、網膜が正常に働かないと視力の低下や失明を引き起こします。

 

中途視覚障害者で圧倒的に多いのが不慮の事故ではなく、糖尿病からの失明です。
糖尿病網膜症はそれほど怖くて忌まわしい病気です。

 

糖尿病性腎症

腎臓は血液を濾過し、尿を作ります。
血糖値が高いと血液の濾過ができなくなり、腎不全となり人工透析が必要になります。

 

人工透析の治療は大変です。
ほぼ一日中かかります。

 

その他、むくみ、高血圧、尿毒症を招く危険もあるので、徹底的な食事制限は必須です。

 

その他の合併症

3大合併症以外にも注意すべき合併症は数多くあります。
様々な合併症を引き起こす点が糖尿病の怖さです。

 

例として、「心筋梗塞」「脳卒中」「高脂血症」「膀胱炎」「胆石」「慢性感染症」などが挙げられます。

 

日常生活での注意点

糖尿病の場合、血糖値のコントロールがとても重要です。

 

その他、血圧に注意し、肥満にならないよう適度な運動をし、喫煙している場合は煙草を止めるなど、こういったことで合併症を未然に防ぐことができます。

 

糖尿病と診断されても軽い内は、医師の指導の管理下で症状を抑えることは可能です。
ただし、U糖尿病の場合は数値は改善するかもしれませんが、T型糖尿病の完治となれば難しい病気に変わりありません。

 

糖尿予備軍の初期の間にこそ、本来気をつけなければいけないのは言うまでもありません。
血糖値を下げる糖ダウン

 

 

関連ページ

血糖値と糖尿病の関係
血糖値と糖尿病の関係について掲載中!糖尿病の検査方法も掲載しています。あなたの血糖値は正常範囲ですか。
糖尿病ですい臓の機能低下が起きる?
糖尿病の人はすい臓癌になるリスクが高まります。それはこういうことです...