天然インスリン「イヌリン」

天然インスリンと呼ばれるイヌリンとは

糖尿病を患うと、血糖値をコントロールするために、インスリン注射を打ちます。

 

しかし、医薬品のインスリンは、効果が強い分、副作用も強く出てしまいます。

 

その結果、患者さんが更に苦しむという悪循環を引き起こしてしまいます

 

ところが、自然界には、副作用のない「天然インスリン」と呼ばれる優秀な糖質が存在しています。それは、菊芋やゴボウ茶に多く含まれている「イヌリン」という成分です。

 

では、イヌリンとはどのようなもので、どんな優れた効能を持っているのでしょうか。

 

ダイエットにも効果的なイヌリン

イヌリンは糖質の一種ですが、「体内に吸収されず、蓄積もされない」という性質を持っています。そのため、ダイエット中の人でも安心して摂取できる糖質のひとつです。

 

イヌリンは体内に摂取されると、消化器官を通らずに、そのまま腸の中に入ってゲル状になってしまいます。このゲル状の物質が、他の糖分が体内に吸収され、蓄積されることを防いでくれるのです。

 

その結果、血糖値がコントロールされ、糖質による肥満を解消してくれる効果が期待できるのです。

 

もちろん、ダイエット効果だけでなく、糖尿病の悪化や、生活習慣病の発症を予防してくれる効果も期待できます。

 

腸内環境を整えて、ダイエット効果を更に後押し

イヌリンには、腸内の善玉菌を増やして活性化させるという効能もあります。

 

また、イヌリンは、糖質であると同時に、水溶性の食物繊維でもあります。食物繊維の効能と言えば、何と言っても「整腸効果」です。

 

このような素晴らしい条件が重なっているため、イヌリンを摂取すると、腸内環境が少しずつ整ってくると言われています。その結果、便秘が解消されるという効果も期待できます。

 

何日も排便できない日が続くと、肥満体質がいつまで経っても改善されませんよね。でも、イヌリンを摂取して腸内環境を整えれば、ダイエットが今までよりもスムーズに進むかもしれません。

 

ただし、ダイエット効果が高いからと言って、イヌリンを過剰摂取してはいけません。イヌリンは効果が高い分、摂取し過ぎると、下痢や腹痛を引き起こしてしまうこともあります。

 

イヌリンを摂取するにはどうすればいいのか

イヌリンが含まれている食品は、菊芋・ゴボウ及びゴボウ茶に多く含まれています。しかし、菊芋は高価なので、あまり一般的ではないでしょう。

 

そこから考えると、ゴボウやゴボウ茶から摂取することをオおすすめします。また、玉ねぎやニラにも、少量ではありますが、イヌリンが含まれています。

 

更に最近は、イヌリンのサプリも多数出ているので、手軽に摂取したい場合はサプリを飲んでも良さそうですね。サプリであれば、野菜類が苦手な人でも抵抗なく飲めるので、手軽にイヌリンを摂取することができるでしょう。

 

参照:イヌリンサプリおすすめ