厳選青汁premium(プレミアム)

厳選青汁premium(プレミアム)!石田純一さんも愛飲している青汁

石田純一さん、第三子ご誕生のようですね。60代とは全然思えません!芸能人だから若いのかも知れませんが、でもそれだけはないような気もします。

 

食事もそのひとつですよね。

 

現代の食生活は、洋食の摂取も増え、油っこいものが多く感じませんか?

 

それに加え、

  • 「毎日飲み会続きで・・・」
  • 「外食が多いので食事が偏りがち」
  • 「揚げ物が大好き」
  • 「とにかくたくさん食べる」

などの悩みもある人が多いのではないでしょうか。

 

そんな生活習慣をずっと続けていては、あなたのこれからの生活はとてもキケン!体調を崩してしまうことは目に見えています。

 

血糖値は上がり、内臓に負担が掛かり、食事制限で好きなものを食べられなくなる場合も...。

 

年齢を重ねるとお腹がポッコリしたり、体調を崩したり、大好きな食事に制限をしなくてはいけないこともあります。中性脂肪や血糖値が高いままだと、良いことは一つもありません。

 

それを改善するためには、まず健康的で正しい食事と運動ですが、忙しくて不規則になってしまうこともあるのが現代人です。

 

そこで、生活習慣を変えるべくお手伝いをしてくれるのが「厳選青汁Premium」。脂肪分や糖質を多く摂取してしまう人の生活をサポートし、血糖値や中性脂肪を抑えてくれる「機能性表示食品」です。

 

厳選青汁Premiumとは?

九州産の大麦若葉をふんだんに使った青汁です。摂取しやすいスティックタイプで、持ち運びもラクラク♪

 

気になるとき、好きな場所でサッと飲めるから、これなら外出先でも簡単です。

 

詳細はコチラ

厳選青汁Premium

 

 

厳選青汁premium(プレミアム)の成分は?

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは、トウモロコシのデンプンからできた水溶性食物繊維です。

 

味はすっきりとして甘みが少ないのが特徴です。食後に上がる血糖値と中性脂肪を抑える機能があることがわかりました。

 

通常だと、食事した時に脂肪は放出されてしまい、体内へと吸収されてしまいますが、難消化性デキストリンがあると、脂肪の集まりが安定して体内への吸収や消化が抑えられます。

 

大麦若葉

阿蘇で育った大麦若葉を選んでいます。

 

九州地方でも、とても寒暖の差があり厳しい環境で育っているので、しっかりたっぷり栄養を含んで健康的です。

 

厳選青汁premium(プレミアム)1杯に含まれるもの

食物繊維は、小松菜約8.8株分、 鉄分は、わかめの約3.8食分、カリウムは、シソの約6.3枚分、ビタミンKは、セロリの約4.4本分、ビタミンEは、ひじきの約2.5杯分、ビタミンB2は、枝豆の約9.7さや分

 

これほどの食物繊維やビタミンを多く摂取しようと野菜を多く摂るとしても、かなりの量を食べなければいけません。しかし、厳選青汁Premiumを1包飲むだけで、こんな悩みも一気に解決できますね。

 

味も飲みやすく、水・お湯ともにすぐに溶けます。甘味料や着色料も不使用ですから、自然からの恵みをそのまま楽しめます。

 

こんな楽しみ方もあります。青汁レシピー

お水だけではなく、牛乳やスープに溶かしたり、ヨーグルトやスムージーに混ぜたり・・・もっと美味しく味わう方法が様々楽しめるのが厳選青汁premium(プレミアム)です。

 

クセのある青汁だとこうはいきません。

 

美味しく飲めて血糖値を下げてくれ、健康にいいなんて、最高な健康食品ではないでしょうか。

 

我が家でも青汁は飲んでいますが、家族の評判は悪いです^^;
やはり美味しくないと続けれません。

 

料金は割高!?

血糖値対策として手軽に摂取できる「厳選青汁premium(プレミアム)」の料金ですが、機能性食品と言うこともあり通常の青汁と比べると割高です。

 

ですが、血糖値対策としての青汁ならどうでしょうか。

 

  • 単品なら1箱5,000円(税別)
  • 定期コースなら3,900円(税別)

となります。

 

厳選青汁premium(プレミアム)には初回のみ安くなる限定価格はありません。なので、お試しなら定期コースの3,980円のみです。

 

こちらの商品も定期での条件縛りはありませんので、いつでも中止はできます。今なら、オリジナルのシェーカーが紹介限定プレゼントで付いてきます

 

料金を考えると、1箱20袋なので、1回195円(定期コース税別の計算)でしょうか。

 

お値段が、高いか妥当かの判断は難しいですが、こちらで掲載中の糖ダウン体験談【画像付き】|血糖値を下げるサプリと変わりません。

 

 

粒サプリか、青汁かの違いです。両者とも機能性表示食品ですし、効能は期待できるのではないでしょうか。