血糖値を下げるお茶

どんなお茶を飲んだら血糖値が下がるの?

 

「なかなか血糖値が下がらない、でもこれ以上薬は飲みたくない」そんな悩みを抱えている人には、血糖値を下げるお茶がおすすめです。

 

特に、糖尿病を患い、なかなか血糖値が下がらないという人は、ぜひ生活の中にお茶を取り入れてみてください。

 

血糖値を下げる効果のあるお茶の種類とは

桑の葉茶

血糖値を下げる効果のあるお茶は、いくつか種類があり、最初に紹介するお茶は、桑の葉茶です。

 

桑の葉には、摂取した糖質が体内に吸収されることを防ぐ成分が豊富に含まれています。そのため、糖質が過剰に吸収されなくなり、血糖値の上昇を防ぎます。しかし、その効能がかなり強いため、飲み過ぎると低血糖になってしまうという危険があるので気をつけてください。

 

ごぼう茶

次に紹介するお茶は、食物繊維が豊富に含まれている、ごぼう茶です。

 

ごぼう茶に含まれている食物繊維の中には、「イヌリン」という水溶性の食物繊維があります。イヌリンには、血糖値が急激に上がることを防いでくれる効能があります。

 

そのため、血糖値を正常値に戻したいという人には、大きく役立つお茶の1つです。更に、腸内環境を整え、便秘を少しずつ改善してくれるという嬉しい効能も持っています。

 

グァバ茶

最後に紹介するお茶は、インスリンが含まれているグァバ茶です。

 

糖尿病を患うと、血糖値を下げるために、インスリンを注射します。グァバ茶に含まれているインスリンは、正にこれと同じです。なので、血糖値を下げるために、かなりの効果が期待できるお茶であると言われています。

 

まずはトクホの商品を試してみよう

お茶を飲んで血糖値を下げたい場合、最初はトクホのお茶を試してみることがおすすめです。トクホのお茶であれば、スーパーなコンビニなどで、比較的リーズナブル価格で買うことができます。

 

500mlのペットボトルであれば、130円以下で購入することができるので、とてもお得ですよね。

 

ちなみに、トクホのお茶の中で人気が高いのは、アサヒの「食事と一緒に十六茶W」です。こちらの商品はカフェインがも入っていないので、妊娠している人や、カフェインアレルギーをっている人でも安心です。

 

また、ヤクルトの「蕃爽麗茶」も、血糖値を下げる効果が高いお茶として人気です。こちらは、血糖値を下げる効果はあるものの、「下げすぎて低血糖になる」ということを防ぐためのコントロール効果もあるようです。

 

トクホだからと勘違いしやすい点

ただし、血糖値を下げる目的でトクホのお茶を買う場合、ひとつだけ注意しておきたいことがあります。

 

トクホのお茶は、あくまで「食後に、血糖値が上がってしまうことを防ぐ」という目的のものです。そのため、トクホのお茶を何杯も飲んだからと言って、「いきなり血糖値が下がって、すぐに正常値に戻る」ということはありません

 

機能性表示食品もそうですよね。

 

 

ちなみに、食品の分類は、一般と保険食品に分かれ、更に保健食品は以下の3種類に区別されます。

 

  • 一般食品
  • 保健機能食品
    1. 特定保健用食品
    2. 栄養機能食品(トクホ)
    3. 機能性表示食品

に分かれます。

 

食品については、消費庁のこちらのPDFが参考になリます。